キャッシングを利用する際に気になる点として、いくらまでお金を借りることができるのかということがあります。
借りられるお金が少ないと、必要な金額を借りるために複数の業者から借り入れをしなければならなくなってしまいます。
キャッシングでは審査によって利用限度額が設定されています。
利用者は限度額内であれば何度でもお金を借りることができます。
この限度額は個人個人で異なります。
利用限度額は利用者の返済能力によって決まります。
収入が多いなど返済能力に余裕がある人は限度額が大きくなりますし、逆に返済能力が少ない人は限度額が小さくなります。
一度決定された限度額ですが、そのまま永久に変わらないわけではありません。
毎月の返済を滞納せずにきっちりと支払い続けていくと業者からの信用度がアップして限度額も大きくなります。
ただし、限度額はいつまでも増え続けるわけではありません。
貸金業法には総量規制という規定があり、年収の3分の1までのお金しか借りることができなくなっています。
ですから、利用限度額の最大は年収の3分の1までということになります。
いざお金が足りなくて困った時に便利なキャッシング