皆さんは「マンションの大規模修繕」というのは何故必要なんだろうと疑問に思われた経験はありません?
言うまでも無くマンションの構造部分の大半はコンクリートでできていますから、新築時に品質良く施工することによって十分丈夫建物を造ることは出来そうな気がしますよね。
しかし実際には建物を長く使うためには、定期的な修繕による維持管理が絶対に欠かせないんだそうです。
というのもコンクリートは強いアルカリ性となっているので、中に入っている鉄筋は錆びるようなことは通常無いようですが、どんなに丈夫なコンクリートであっても長年風雨にさらされていると表面から少しづつアルカリ性が低下していくんですって。
上記させていただいた内容を総合的に判断すると、やはりマンションの大規模修繕を定期的に行う必要性はあるみたいですね。