友人の結婚式にどうしても出席できないというときには、祝電をおくるのがいいですね。
職場の同僚や学生時代の友人など、近しい関係でも式場によべる人数が限られていてよばれないときもあります。
そんな時にも活用するのがおすすめです。
では、実際にどんな文面のものをどのように送ればいいのかということについてですが、最近ではインターネットを使った祝電が非常に進んでいますのでおすすめです。
まず、結婚する人との関係によっても選ぶべき祝電というのはかわってきますので、マナー違反にならないように気をつけなければなりません。
定型文のものをおくるのが一番無難ですが、その定型文も今ではインターネット上にたくさん並んでいます。
例えば「友人」や「親戚」「部下」「上司」など様々なジャンルで検索して、立場をわきまえたものをおくるようにしましょう。
ぬいぐるみ電報は友人におくるのには非常におすすめです。
子どもがうまれてくることを思うとそのまま子どものおもちゃとしても活用できます。
こうしたぬいぐるみ電報は披露宴会場の入り口などに飾られることも多く披露宴に花をそえるという意味でもおすすめです。
バルーン電報もかわいい、豪華ということで人気ですよ。
相手の好みなどを考えて色々と検討してみましょう。