債務整理には審査などありません。
お金を借りるときには審査がありますが、債務整理は無職の方でも行うことができるのです。
弁護士に依頼すれば、最適な方法を提案してくれますので、自分の都合と照らし合わせて選んでください。
例えば、弁護士が自己破産が最適だと説明してきた場合、「住宅を手放すのが嫌なので個人再生で処理する」と交渉することも可能です。
両者の大きな違いは、住宅を手放すか残せるかです。
個人再生の場合は住宅を残しながら、借金を5分の1程度まで減額できるのです。
借金はゼロにはなりませんが、5分の1まで減額すれば無理なく返済できるという方は多いでしょう。
500万円の借金が100万円になり、それを3年間で返済していくのであれば、有職の方であれば対応できるはずです。
債務整理には審査はありませんが、不可事由は皆無ではありません。
代表的なものはギャンブルに使った借金は自己破産できないというものです。
ただ、自己破産以外の方法ならば、ギャンブルによる借金の整理が行えます。
自分の借金と経済状況を考慮しながら、弁護士と最適な解決法を選んでいってください。