車社会のわが国では、交通事故発生件数が年々増えています。
もちろん事故に合わないことが一番ですが、事故を起こさないように自分だけが気をつけていても仕方がありません。
相手の不注意で事故に巻き込まれてしまった時、きちんとした対応が出来るようにしておくことが大切です。
まずは加害者が自動車であった場合、事故後の話し合いは相手の保険会社の担当者とすることになります。
自分にひとつも過失がなかった場合は、病院や治療にかかった代金の全額が相手の負担金になり、この金額を慰謝料と呼びます。
慰謝料には、病院に通院したり入院したりした際に支払われるもの、事故が原因で後遺症が残り、後遺障害だと認定された場合に支払われるもの、被害者が死亡した場合に支払われるものの、3種類があります。
慰謝料には算定基準が設けられており、様々なケースで請求額が大きく変わってきます。
きちんとした基準で支払ってもらう必要がありますが、交通事故をそう何度も経験するものではありませんので、よくわからないことばかりですよね。
相手の保険会社とのやりとり全てが面倒に思えて、投げ出したくなります。
自分側の立場の代理人をたてるのが最適ですが、金額面などで不安があり躊躇ってしまいますよね。
交通事故無料相談室では、事故に合って不安な被害者の相談を、親身になって聞いてくれるプロの交渉人がいます。
相談料や着手金などが無料なうえに、弁護士報酬金もすべての請求が終わるまで支払う必要がありません。
一人で難しい手続きに困るのではなく、一度相談してみてはどうでしょうか。