株式会社生駒化学工業では、生産設備を充実させることに力を入れています。
具体的には、多層押出連動成形、真空圧空成形や熱盤圧空成形などのシート成形、射出成形などといった生産方法でプラスチック製品を生産できるようにしているのです。
多層押出連動成形の場合は、異なる性質を持った原料を組み合わせた製品を作りやすいです。
真空圧空成形の場合は厚みがあったり底の深い製品を作りやすく、熱板圧空成形は絵柄を目的の位置に合わせたり、薄くて浅い製品を作ったりするのに適しています。
そして、射出成形の場合は、形状のコントロールがしやすいのが特長です。
これだけ色々な生産方法があれば、適宜方法を使い分けて、お客様が思い描いている通りの原料・形状のプラスチック製品を作り上げることができるでしょう。
また、株式会社生駒化学工業では、タックのラベリングやプリントなども請け負ってもらえます。
なので、ただ単に成形しただけのシンプルな製品ではなく、タックやプリントで特徴付けをした製品が欲しい場合にも対応してもらうことが可能です。