近年はストレス社会だけあって様々な体の変調を訴える人が多くなっている時代です。
その中でも代表的なのが胃炎でしょう。
プレッシャーを感じると吐き気がする、食事を終えるたび胃が重いなど症状は様々ですが、こうした胃の変調の原因となっているのはストレスとみて間違いないでしょう。
一番いいのはストレスを取り除くことなのですが、そう簡単に解消できるものではありません。
考えを変えてみて、まずは胃の変調を治し、気分が和らぐことが多くなるにつれて、ストレスも解消されていく、という道を採るのもいいかもしれません。
薬に頼るのも時には大事なことですが、薬を飲むのが苦痛で余計ストレスをためてしまう、というのでは元も子もありません。
なので美味しく、かつ胃に優しいものを食べて徐々に胃を治していきましょう。
胃炎にはビタミンCを多くとるのが有効とされています。
果物だけでなくジャガイモや大根にもビタミンCは含まれている上、消化にもいいためオススメの食品です。
他にも卵や牛乳は栄養価が高いだけあって、胃の変調にも効果を発揮してくれます。
また鶏肉や豆腐、白身魚など、低カロリーかつ高タンパクの食品を摂ればダイエットにもなるので、一挙両得といえるでしょう。