皆さんは、BYODという言葉をご存知でしょうか。
従業員が自身で保有している携帯端末を業務に使用することを、BYOD(Bring Your Own Deviceの略)と呼ぶのだそうです。
さて、スマートフォンの登場と共に、個人の携帯端末で仕事上の作業を行う人は増えてきましたが、携帯端末はセキュリティーが甘く、重要な会社の業務情報が漏洩する可能性が高いという状況は、依然としてあまり変化がありません。
業務使用のスマホがコンピューターウイルスに感染してしまったら、或いは、端末を紛失してしまった場合、大変な事態に陥ることは十分考えられます。
何も対策をしないで、安易に業務で個人端末を用いるのは非常に危険である、と言えるでしょう。
そこでご紹介したいのが、デジタルアーツのi-FILTER ブラウザー&クラウドです。
こちらをスマホやタブレットなどに導入すると、BYOD端末に企業のデータを残さず、安全な社内システムへのアクセスが可能となります。
また、クライアント証明書と併用すると、さらにセキュアな環境が実現するとのことです。
同商品の詳細を知りたい方は、デジタルアーツのサイトで、是非チェックしてみて下さい。