アフターホームは老後の事を考えた住宅作りをサポートしており、車椅子を使いやすい住宅を作るための知識も豊富にあります。
玄関まわりをどれぐらい広くすれば、車椅子が使いやすくなるという質問にも丁寧に答えてくれます。
自宅の玄関まわりは十分に広いと考えていても、いざ車椅子を使ってみると、その場での方向転換が難しかったという事も珍しくありません。
なるべく玄関は広く作った方が良いと考えて、アフターホームに相談をしてみましょう。
部屋の中では車椅子を使わないという家庭は、その車椅子を収納しやすいように、土間収納を用意してもらう事もおすすめです。
少しばかり玄関の作りを変えてもらうだけで、土間収納を作り出せる事も珍しくありませんから、そこまで費用は必要ないと期待をしてみましょう。
車椅子を使って外出しやすいように、玄関前の小さな階段をスロープにリフォームしてもらったという家庭も多いです。
アフターホームであれば、急な角度のスロープになってしまわないように注意してくれます。
そのおかげで速度を抑えやすくなり、車椅子に乗っている人を不安にさせる事もありません。
介護の負担を減らすためにも、リフォームは必要だと考えてください。http://reform.afterhome.co.jp/