生きていてもっとも不自由に感じてしまうことは、人それぞれ捉え方の違いはあるにせよ、おそらく視界の障害というものではないでしょうか。
体は自由に動くのに、肝心の視界があまり自由がきかない、そういう症状はけっして満足できるものではないはずです。
いわゆる近視というものがその症状にあてはまるのでしょうが、この近視治療にはいくつかの方法がありました。
一番は眼鏡です。
これはオシャレにもずいぶんと活躍していますが、本当に近視で困っている方は、日常生活の上ではけっこう邪魔になることはあるようです。
コンタクトレンズなども、今はかなり多くの方が利用しています。
直接目にあてがうものですから、その衛生面には気を配り、使い捨てのコンタクトレンズが主流になっているようです。
しかし、毎日のことですから、これはけっこうお金もかかるのが現状でした。
それからレーシックと言われる近視の手術も最近では幅をきかせています。
実際にこの手術を受けた方は、まるで世界が変わった、という感想を言っています。
本当にそうなのかもしれませんが、レーシックはお金もかかる上に手術の安全性にもいささか問題が指摘されているのです。
そこで次に登場した近視治療が、オルソケラトロジーというもので、これは特別なレンズを使って近視を矯正するという方法をとっています。
近視や乱視を一時的に改善させる効果が期待できるのです。http://orthokeratology.mieru-mieru.com/about/index.html